乳酸菌サプリおすすめランキング

  1. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

  2. 善玉元気

  3. ラクトプランL-137

    ラクトプランL-137

腸内環境を良くしなければ便秘は治らない

腸内環境を整えると便秘がなくなるといいます。 それ程大切な腸内環境とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか。 通常腸内には、沢山の細菌が住みついています。 この腸内細菌の数は、100種類以上もあり個数としては100兆個にものぼります。 特に、小腸の終わりから大腸にかけて腸内細菌が種類ごとに固まって、生息しています。 これを腸内細菌叢といいますが、もっと分かりやすく最近流行っている言葉で言えば腸内フローラといいます。 まるで花が咲くように花畑のように見える腸内細菌を総称して腸内フローラと呼ばれています。 ロマンチックですね。

腸内環境が整い、便秘になっていない健全な腸は、善玉菌が優勢です。 腸内の悪玉菌を善玉菌が押さえ込んでいます。 しかし、便秘となり悪玉菌が優勢となると、腸内の腐敗が進んでおならも臭くなり、 アンモニアなどの有害物質が増えていきます。 はやく便秘を解消して、善玉菌で腸内を満たさなければ、便秘どころではすみません。 腸管から吸収されてしまい最終的には癌になる可能性も秘めています。

腸内環境を整えて、健康な肉体を得るためには善玉菌を増やして悪玉菌を消し去るしかありません。 主に腸内には善玉菌・悪玉菌がいて、ほかにも日和見菌(日和菌)というどちらにも属さない菌があります。 この日和菌は、中立というような聞こえの良いものではなく、より優勢であり強い方の菌に加勢します。 では腸内細菌について説明していきます。

腸内環境を整えるにはどうすれば良いか

腸内環境を整えることは、とても大切です。 なぜなら、それは美容と健康の2つに大きく関わってくるからです。 そもそも環境が悪くなるのは、やはり健康に対しては良くありません。 もちろん便秘などは腹内に対する悪影響は懸念されますし、病気の発症率も高まる傾向があります。 いわゆる風邪の発症率などは、環境とは密接な関連性があるのです。 それと美容にも大きく関わってきます。

少なくとも腸の周辺には、非常に多くの血管があります。 そこから栄養分が吸収されている訳ですが、それが肌の表面などに伝わる訳です。 人によっては腸の中に、悪い物が沢山蓄積されています。 老廃物などが多く溜まっていれば、それは肌の表面にも出てきてしまう訳です。 それで肌の色が少し悪くなってしまう事も多いですし、腫れ物などが生じてしまう方々も目立ちます。 その他にも、美容に関する様々な問題が生じやすくなる訳です。 ですので健康と美容の為には、やはり環境を整える必要はあるでしょう。

具体的な方法としては、まず腹内に良い菌類を意識する事です。 ビフィズス菌などは、それに関する一定の効果が期待できます。 腹内に生息する善玉に対しては、ビフィズス菌が大きな影響を及ぼすことは、ほぼ間違いありません。 ヨーグルトの中に含まれますので、それを積極的に食べてあげる方が良いですね。

それとぬか漬けです。 ぬか漬けの中には腹内環境を整えてくれる菌類が多く入っていて、 しかも胃液に溶かされづらいです。 小腸や大腸にも届きやすい菌類ですから、それを食べることは悪くない選択肢と言えます。

このような食生活に加えて、普段のエクササイズなども環境を整える効果が期待できます。 ランニングを行ってあげるだけでも、だいぶ環境は整えられるでしょう。 あまり激しい運動も禁物なので、適度に心がけるのが望ましいですね。 このような色々な方法で環境を整えると、美容と健康も大いに良くなると期待できます。 見た目や体調が気になる時には、上記の菌類や運動などを心がけると良いでしょう。

腸内環境に足りないのはオリゴ糖だった?

お通じが悪い、いつもお腹周りがすっきりしないといった悩みには、 腸内環境を改善することを考えてみる必要があります。 あまりにもひどい時には薬に頼ることも大切ですが、 日ごろから腸内環境を整えておくことが長い目で見て大事です。 腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という大きく分けて3種類の菌が存在していますが、 このうち善玉菌を増やすことで腸内環境を改善することが出来ます。

お通じがないという時にはヨーグルト、お味噌汁のような発酵食品を摂ることを考えますね。 ですが実際は善玉菌を摂るだけでは腸内環境の改善には不十分なのです。 人の腸内にはあらゆる種類の菌がいますが、 生まれてからその菌の比率は決まりますので人によって存在している菌の種類が違います。 その人によって効果のあるなしがあるのはすでにいる善玉菌を増やさなくては意味がないからです。

よくヨーグルトを食べて毎朝お味噌汁を飲むのに、お通じがあまりないという場合には、 他の発酵食品からも善玉菌を摂ってみることです。 ヨーグルトやお味噌の種類を変えてみるのも良いですね。 また単に善玉菌を摂るだけではなくその善玉菌を効率的に増やすことも必要になります。

善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖なのです。 オリゴ糖は糖類ですのでいつも使っているお砂糖をオリゴ糖に変えてみてはどうでしょうか。 カロリーも白糖と比べて低カロリーなのでダイエットにも効果的です。 また薬というわけではありませんので、副作用の心配もありません。 いつも食べるヨーグルトにさらさらとふりかけて食べることも出来ますし、 糖ですから料理にも使いやすいです。

すぐに腸内環境が改善するわけではありませんが、 毎日少しずつ善玉菌になる発酵食品を食べるように意識することと、 そのエサとなるオリゴ糖を砂糖に代えて摂ることが腸内環境改善には欠かせません。 数ヶ月単位で時間をかけて少しずつ善玉菌を増やしていけば、 薬に頼ることなく自然なお通じが期待できるようにもなりますね。

本当に腸内環境が改善される食事とは?

腸内環境を整えるためには、食事が非常に重要な役割を果たしています。 特に乳酸菌やオリゴ糖が腸内環境の為には良いと思われているでしょう。 確かに乳酸菌やオリゴ糖も腸にとって良い影響を与える食品ですが、それだけではいけません。

腸内環境を整えるために日々の食事で意識して摂取して欲しいのが、食物繊維になります。 しかもただ食物繊維を摂取するだけではなく、 不溶性食物繊維と水溶性食物を2:1のバランスを意識して摂取して欲しいのです。 食物繊維は現代人の食生活の中では、非常に不足しがちな栄養素であると言われていますが、 とくに水溶性食物が圧倒的に不足しています。

水溶性食物繊維は、便を柔らかくして便秘を改善しやすくなるだけではなく、 腸内で発酵するとビフィズス菌の増加をサポートしてくれるのです。 さらに水溶性食物繊維は、腸内の有害物質を体の外に排出してくれるという働きもあるんですね。 こうした事から水溶性食物繊維は、腸内環境を整えるためには欠かせない成分だといえるのです。

食物繊維を意識して食事からとっているという人であっても、 実際は水溶性食物繊維ではなく不溶性食物繊維ばかりを摂っているという人が多いんですね。 不溶性食物繊維も勿論大切な成分ですが、 この食物繊維ばかりを摂取していると便の量ばかりが増えて逆に便秘が酷くなるというケースもあるのです。 せっかく食物繊維を摂っているのに、 腸内環境が悪化してしまうなんていう事にならない様に注意しなければいけません。

水溶性食物繊維の多い食べ物は、キウイやこんにゃくそして海藻類などです。 また最近流行しているもち麦も水溶性食物繊維を多く含んでいる食品ですね。 毎日の食事の中で、こうした水溶性食物繊維やごぼうなどの不溶性食物繊維を意識して、 バランス良く摂りいれていきましょう。

食事で腸内環境を整えるには、数日間だけまたは時々こうした食品を摂りいれるだけでは不可能です。 毎日継続する事で徐々に腸内環境が整っていくので、 直ぐに効果が出ないからと諦めずに続けていきましょう。

腸内環境を整えるために摂りたい食べ物

便秘になると肌荒れを起こす、だるい、やせにくいといった経験がありませんか。 便秘のときには腸内に悪玉菌が繁殖していて、悪玉菌によってアンモニア、インドール、 アミンなどの有害物質が作られています。 これらの物質が血液中に入り込んで全身を巡り、肌荒れやだるさなどの不調をもたらすのです。 健康な毎日のためには腸内環境を整えることが大切です。

腸内環境は食べ物の影響を大きく受けます。 焼き肉を食べた次の日はおならや便が臭かったり、 ヨーグルトなどの発酵食品や野菜を食べると便通がよくなることがあると思います。 これは食べ物が腸内環境に影響を与えているからです。

腸内環境を整えるために摂りたい食べものが野菜、果物、海藻です。 これらには食物繊維が豊富に含まれています。 食物繊維には不溶性と水溶性があります。 不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸を刺激して働きを活発にする作用があり、 水溶性食物繊維は糖や脂肪の吸収を抑制したり、腸内の善玉菌のエサになる働きがあります。

食物繊維の1日の摂取目標量は成人男性20g以上、成人女性18g以上ですが、 どの年代でも不足しています。 仕事の都合で外食になってしまったり、加工食品やファストフードなどを食べる機会が多いと、 野菜や果物などが不足して食物繊維摂取量も減ってしまいます。 野菜を食べようと思っても外食が続くと難しいと思いますが、 外食でも野菜たっぷりのメニューが増えてきています。 温野菜やサラダを頼んだり、野菜を豊富に使用したメニューを選ぶようにすると、 食物繊維摂取を増やせます。

野菜は調理の手間がかかりますが、果物なら調理の必要がないので手軽に食べて食物繊維を摂取できます。 バナナなら皮を向くだけ、コンビニでも購入できて手軽です。 生の果物でなくてもドライフルーツを食べるのもよいです。 ドライフルーツなら小腹が空いたときにつまみやすいですよね。

生の果物は水分が多くたくさん食べるのは難しいですが、 ドライフルーツなら濃縮しているのでたくさん食べやすいです。 ドライフルーツは油や砂糖などを使用していないものを選びましょう。

ヨーグルトで腸内環境を整えよう

腸内環境を良くする食品と言えば、誰でも真っ先に思い浮かべるのがヨーグルトです。 ヨーグルトがそのような効果があるのは、 善玉菌が活動するためのエネルギーとなる乳酸菌が含まれており、 オリゴ糖とも一緒に摂取をすることができるからで、 腸内環境を非常に効率よく改善することが可能です。

できることならば、毎日食べるとお腹の調子が良くなっていいのですが、 このヨーグルトにはぜひともこのタイミングで食べた方がいいという ベストな時間帯があることをご存知でしょうか。 そんなことはあまり気にせずに、朝食を食べた後、昼食を食べてから小腹がすいた時のおやつに、 などなど様々なタイミングで食べている方も多いでしょう。 しかし、ヨーグルトを食べているのに、 なかなか効果が出ているようには感じないと言う方も多いのではないでしょうか。

実はそれは、食べるタイミングを変えるだけで、より効果が出やすくなるのです。 その時間帯というのは、夕食後の2時間~3時間後、もしくは、夜10時から深夜2時の間のどちらかです。 なぜ、このようなタイミング、時間帯なのかと言えば、 本来私たちのお腹は常に活発に動いているという訳ではなく、 一度食べたものを完全に消化しきるまでには大体5時間くらいの時間がかかると言われています。 ですので、食べ物を摂取した後に腸の中に乳酸菌を入れたとしても、 腸はまだまだ活発に動いていないのです。

そこで、ある程度の時間を置いてから食べると、善玉菌の活発化による恩恵を受けやすくなるのです。 また、時間帯的にも夜10時から2時の間というのは、腸が最も活発に動いている時間帯でもあります。 夜寝てから朝起きてしばらくすると、 お通じが出るのはこの辺りの時間帯に消化されてたものが蓄積されるからです。

そして、その時間帯に乳酸菌を腸にまで届かせると、より一層効率的に食べ物を吸収し易くなったり、 腸内環境を良くすることが可能になるという訳です。 ヨーグルトを食べて、効率よく腸内環境を良くしてみてはいかがでしょうか。

善玉菌を育てて便秘をブロックする

まずは何よりも強い味方であり、常に腸内の健康を守る為、日々を悪玉菌との戦いに費やしている善玉菌です。 善玉菌あってこその腸内環境健全化です。ここで注意したいのが、善玉菌は餌を食べなくては増殖できません。 この餌になるのが、オリゴ糖や乳糖なのです。

こうした善玉菌にとって不可欠な餌は悪玉菌は食べることができません。 毎日の食事にオリゴ糖や乳糖を多く取り入れると、腸内の善玉菌が活動しやすくなり、数を増やせます。 この善玉菌自体が含まれる、発酵食品を食べることも、大切なことです。 ヨーグルトやキムチなどに多くの善玉菌が含まれていますので意識して食べてみましょう。

善玉菌で有名なのは、ビフィズス菌、乳酸菌、乳酸桿菌、ガセイ菌、アシドフィルス菌などです。 主に市販されている、ヨーグルトなどに含まれていますので、 どういった善玉菌が含まれているのか調べてから購入するといいでしょう。 善玉菌自体が含まれたものを食べながら、善玉菌を増やすオリゴ糖や乳糖を一緒に摂取すれば、 腸内で綺麗なフローラを咲かせてくれるはずです。 そして便秘も善玉菌の花畑の力によって、解消への道を辿る事になるでしょう。 腸内環境が整うと腸内に人それぞれ違う花園ができるのです。

悪玉菌の正体と対策

腸内環境を整えて正常にするためには敵を知らなくてはいけませんね。 善玉菌に対して、いつも邪魔だてする便秘の最大の原因、悪玉菌です。 悪玉菌は、腸内に蔓延る有害物質を生成させて、ガスも発生させます。 この悪玉菌で有名なのは、大腸菌・ウェルシェ菌・ブドウ球菌です。 これら、悪玉菌が跋扈する腸内は、常に不具合だらけで便秘はもとより下痢なども起こしますし、 皮膚疾患を起こしやすくしたり、大腸がん等などの癌を誘発するのです。

こうした悪玉菌を増殖させないためには、悪玉菌が好む動物性タンパク質などを抑えた食事が、大切になります。 ほどよい程度の肉類なら健康に良いのですが、食物繊維を無視して肉類を食べ続けると、 消化されにくく腸の中でも腐敗しやすいことから、滞留便のもとになり便秘を引き起こすきっかけになるのです。 滞留便は腸内環境を左右するので注意しましょう。

対策としては、あまりにも肉類に偏った食事をしないこと。 そして野菜を沢山食べて、腸が運動しやすい環境を作ることです。 善玉菌が増えるようヨーグルトなどの発酵食品を食べたり、オリゴ糖や乳糖を毎日の食事に取り入れることで、 善玉菌が悪玉菌を圧倒します。便秘もなりを潜めます。 便秘が解消するということは腸内環境が健全化されたことに他なりません。

日和見菌(日和菌)を味方につける

腸内には善玉菌と悪玉菌だけではなく、日和見菌(日和菌)がいます。 いつも善玉菌と悪玉菌の攻防を見守りどちらかが優勢になり形勢が決まってくると、ようやく動き出します。 人間心には卑怯な奴!と思いがちですがそうもいかない理由があるのです。 腸内細菌割合が善玉菌15%・悪玉菌10%・日和見菌75%というふうに、圧倒的にこの日和見菌が多いからです。 健康な人の腸内は善玉菌が優勢なので日和見菌も善玉菌に加勢しますので、 90%が善玉菌という風に落ち着いています。

しかし腸内バランスが崩れて少しでも悪玉菌が優勢になった場合、 あっという間に日和見菌が悪玉菌に加勢して90%以上が悪玉菌に変化してしまうのです。 そうなれば、便秘は回避できませんし、大腸がんへの道筋も見えてきたことになります。 日和見菌は卑怯な菌とは呼べず味方にしたら頼もしい、敵にしたら最も恐ろしい菌なのです。

便秘を改善するには、善玉菌を増やすための努力を最大限することで、日和見菌を味方につけることができます。 便秘は万病の元ですが腸内環境さえ良ければ、心配する事はないのです。

ページの先頭へ